イベント好きエンジニア鈴木さんのブログ

何かとイベントに行くのが好きなエンジニア鈴木さんのブログです。

SXSW 2019(サウスバイサイスウエスト 2019)にきた その4

4日目です。

ここ数日の個人的な感覚で、カンファレンスより街中歩き回った方が楽しい、ということがわかったので街中を回るようにしとうと思ったけど、実際そんな回れなかったという感じな日でした。

SXSW 2019(サウスバイサイスウエスト 2019)にきた
SXSW 2019(サウスバイサイスウエスト 2019)にきた その2
SXSW 2019(サウスバイサイスウエスト 2019)にきた その3
SXSW 2019(サウスバイサイスウエスト 2019)にきた その4
SXSW 2019(サウスバイサイスウエスト 2019)にきた その5

カンファレンス

Augmented Reality: Amplifying Human Intelligence

https://schedule.sxsw.com/2019/events/PP92974

かなり列ができていて入るのが終盤になってしまいました。 なので、内容についてはなんとも言えないのですが、「Augmented Human」という本を書かれた方の講演だったようです。 https://www.amazon.co.jp/dp/B074WG3B3J/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

An Honest Hologram? The Ethics of MR Design

https://schedule.sxsw.com/2019/events/PP88418

MicrosoftがHololensにどういった期待をかけているかについて話していました。 現在、仕事全体を見るとデスクワークよりも机を使わない仕事の方が多いそうです。 全体の80%は机を使わない仕事だそうです。 なので、そういった人に向けてHorolensを利用できるようにしたようです。 例えば工場の作業現場で作業の方法をMRで示したり、手が離せない状況でもWebが閲覧できるようになったりするという構想をしていました。 このカンファレンスのポイントは、HololensはかつてのWindowsのように普及させる時期を2028年にする、と話していることだと思います。 MicrosoftはMR本気でやる気っぽいですね。

Making the Holodeck: Interaction in Room-Scale VR

https://schedule.sxsw.com/2019/events/PP88592

オースティンのゲーム会社で作ったVRゲームのノウハウが紹介されていました。 移動させる方法(Zonbe Telepotation)とかものにアフォーダンスを持たせる、という感じで解決したノウハウが紹介されてました。 個人的には具体的な話が聞けて結構良かったと思っています。

Blockchain is Shaping the Future of Content

https://schedule.sxsw.com/2019/events/PP87364

Blockchainがコンテンツにどんな影響を与えるか? という内容だと予想したのですが、こちらもかなり列ができていてほとんど話を聞けませんでした。 どんどんパッケージからデジタルに移行しているよね、という話はしていました。

展示

Twitter House

Twitterの主催する「家」なんですが、ここでは主にライブをやっていました。 あと、ハンバーガーとビールが食べ放題飲み放題でした。思わずツイートしてしまいますね。

Trade Show

NTT

去年出したハプティックデバイス(Comptics)のコンテンツを展示していました。 ちょうど空きができたので体験しました。 細かいプチプチっとした感覚がしました。 コンテンツ的にも、ビールの中に入るとか、虫が出てくるとかでなんというか、ざらっとした触覚表現をしている感じでした。

終わりに

以上です。Trade Showは今回もピックアップしたものだけです。今日も文字だけで恐縮ですが、雰囲気や新しい情報だけでも伝わっていれば幸いです。ちゃんとしたレポートや考察は帰国してからで。明日こそはもっと展示を見ていこうと思います。 写真はたまにTwitterアカウント@5uzuk1_3で気が向いた時につぶやいていくのでよかったらフォローをお願いします。